武芸の和 代表 山本憲一 
       
      昭和32年6才より祖父山本泰山に剣舞と吟詠の手ほどきを受けた。
      昭和43年から、神刀流開祖日比野雷風の内弟子で、居合を土佐の
      大江正路師より習った柳澤義正師より、居合と剣武を習う。
       昭和49年師の没後は父山本晃正より剣武と詩舞を修得し、平成
      12年晃正の没後は、流派と会を継承し門弟を育成している



                 トップへ戻る
  

                    ご挨拶


 「武芸の和」は、日本古来の芸道と武道を愛好する仲間の生涯学習自主サークルとして、千代田区九段で
19984月から活動をはじめました。九段生涯学習館では吟詠、詩舞を、富士見小学校体育館では居合、剣舞などを稽古し、春には「おさらい会」、秋には千代田区『芸能のつどい」などに参加して地味ながら、楽しく活動をしてきました。
 地域環境も変わり、お稽古出来る場所の確保が難しくなる中、会員たちの協力で継続し20年を迎えました。「年年歳歳相花似たり」今年も春の「おさらい会」も盛会のうちに終わり、また千代田区主催の「芸能のつどい」を目指してお稽古しながら、楽しく活動しています。

 吟と舞稽古会は水曜日居合稽古会は金曜日となっております。興味のある方は会場にお出でください。お待ちしております。